グローバル検索へスキップする(Enterキーを押してください)。

ファンドの種類へスキップする(Enterキーを押してください)。

フッターへスキップする(Enterキーを押してください))。

弊社ウェブサイトを快適にご利用頂くために、一部のページでクッキーを使用しています。クッキーはお使いのブラウザに保存され、お客様の閲覧情報を記録して利便性を高めるなど、多くのウェイブサイトで使用されている仕組みです。クッキーの設定を変更せずに、このままウェブサイトの閲覧を継続された場合、お客様がクッキーの使用に同意されたものとみなします。 詳しくはここをクリックしてください。

詳しくはここをクリックしてください。

レポート

過去のレポート:2017年 / 2016年 / 2015年

2018

IG:投資適格債 / EM:エマージング債 / LF:レバレッジド・ファイナンス /
CB:転換社債 / GM:グローバル・マクロ / CS:クレジット戦略 /
AAC:資産配分委員会 / MG:マクロ・グループ / OT:その他

 
10月 1018_《NEW》 今後30年間のエマージング市場での投資機会
1016_《NEW》 オルタナティブUCITS:増加傾向は続く
1015_《NEW》 シュレッダーにかけられる
1011_2018年10-12月期見通し:厳選しながらも投資は続ける
1011_2018Q4 資産配分ナビゲーター
1011_ブラジルが右に曲がる
1010_オルタナティブ投資における流動性:二者択一から統合型へ
1009_良好な経済指標、金利上昇と株価下落
1009_好況に踊る米国と首相が奇妙な動きを見せる英国
1004_ブラジル;分岐点が迫る
1004_モメンタム、正常化、交渉
1002_意見の対立;出張報告
1001_ピザのデリバリー待ち
EM
OT
GM
GM
GM
EM
OT
CB
GM
EM
CB
EM
GM
9月 0927_驚異的な回復-投資家心理は改善に向かう
0926_投資家心理改善による株価上昇
0925_ロナウドに勝る自制心を発揮するサルビーニ
0921_エマージング資産下落の背景を理解し、貪欲になる準備を
0920_適切な行動をとる-トルコ中央銀行が利上げを実施
0919_緊張が和らぎリスク資産は反発
0919_イデアと現実世界でのトレード
0918_景気を盛り上げる
0913_利上げするか、しないか-トルコ金融政策決定会合に注目
0912_進化と回帰;オルタナティブ戦略へのきっかけ
0912_関税措置で株式市場は弱含む
0911_ブレグジット;カオス、そして投票再び?
0910_適切な側でポジションを取る
0910_アルゼンチンのアップデート
0910_アルゼンチンの痛み-短期的には各国のイベントを注視
0910_あなたのお子さんは北京語を習っていますか
0910_ブラジル:高い演技力
0910_貿易戦争懸念が薄れ、株式市場は上昇
0903_メイ首相とダンスを踊ってくれる仲間はいない
EM
CB
GM
GM
EM
CB
OT
GM
EM
OT
CB
MG
GM
EM
EM
EM
EM
CB
GM
8月 0830_リスク要因は影に隠れ、株式市場は上昇
0830_選挙の季節-トルコ及びブラジル情勢が目先のリスク要因に
0827_クラポノミクスートイレに流してしまいたくなるようなひどい経済政策
0823_釈放認めず-ネガティブ材料を抱えながらも割安感が高まる
0822_トルコ情勢が投資家のリスク選好を試す
0821_シグナルとノイズと聞き分ける
0820_CapitolからのControl-トルコ危機が市場の話題を独占
0817_トルコ:経済分析、次の展開、解決策
0816_ブランソン牧師とトルコが抱える囚人のジレンマ
0815_利回り曲線及び社債スプレッドは米景気後退リスクが低いことを示唆
0815_トルコ危機が欧州銀行に与える影響
0814_堅調な企業業績に影を落とすトルコの暴落
0813_サウジの不名誉とカナダのプライド
0808_堅調なファンダメンタルズに水を差す貿易摩擦
0806_Turkeyの詰め物
0806_穏やかな航路-市場は緩和策や貿易摩擦緩和を好感
CB
EM
GM
EM
CB
GM
GM
EM
EM
GM
IG
CB
GM
CB
GM
EM
7月 0731_貿易摩擦懸念が和らぎ、決算が注目の的に
0730_サマー・オブ・ラブ-日銀と貿易戦争の行方に注目
0727_人民元安は関税に勝るか-中国が緩和策を発表
0724_トランプ氏の批判にも揺るがない市場
0723_もしもブレグジットが暗礁に乗り上げたなら
0719_慎重ながらも楽観的-貿易戦争の影響を注視
0718_貿易摩擦懸念を和らげる決算シーズンへの期待
0717_ロシアより愛をこめて
0712_落ち着くも、課題は山積-貿易戦争と決算発表を注視
0711_物理的ではなく心理的なリスク
0710_高関税発動でも冷静なグローバル株式
0709_高まる信頼感-短期的にはボラティリティ上昇に注意
0705_慎重に進もう
0705_戌年らしい上半期-年後半には投資機会出現か
0704_2018Q3資産配分ナビゲーター
0703_貿易摩擦への警戒感に伴う調整
0702_試練の夏-短期的には需給面主導の市場に
CB
GM
EM
CB
GM
EM
CB
GM
EM
EM
CB
GM
GM
EM
GM
CB
GM
6月 0628_エルドアン氏に届いた甘いお菓子-ボラティリティは高止まり
0627_OPECよりも貿易戦争
0625_またな、ベイビー~欧州政治リスクが静まる~
0622_ESGインテグレーション:エマージング社債にスポットライト
0621_QEからQTへ-選挙を控え神経質なエマージング市場
0620_貿易摩擦と金融政策の枝分かれ
0618_運の分かれ道
0614_欧州銀行の回復と銀行離れ
0614_適切な政策対応に無関心な投資家
0614_スリランカ:トゥクトゥクの国
0613_ハイテク株上昇でグローバル株式に光が差す
0611_次なる市場ショック
0607_選挙シーズンの到来間近
0605_イタリア・ショック
0604_パキスタン:コース外のコース
0604_イタリアの政治ドラマ
0604_イタリアの銀行:ファンダメンタルズに立ち返ろう
EM
CB
GM
EM
EM
CB
GM
CS
EM
EM
CB
GM
EM
CB
EM
GM
IG
5月 0531_リスクの高まりで慎重になる投資家
0531_イタリアの政局がもたらす波及リスク
0528_我慢できますか?
0524_クレジットの分散:CBと検討
0524_エマージング社債:現地市場の影響が波及
0523_選挙:トルコ、メキシコ、ブラジルが脚光を浴びる
0523_エマージング主導による投資家心理の悪化
0521_諸悪の根源は、慢心か?
0517_エマージング社債:間抜けな目に遭わないように
0516_中国にて完成
0516_エネルギー関連株を中心に株式市場は反発
0516_アルゼンチンよ、泣かないで
0516_銀行資本性証券:米国の優先証券に対するAT1 CoCo債の魅力
0510_調整で割安感が増す
0509_盤石な企業業績とM&Aの増加
0508_良好な業績はピークを迎えたのか
0507_米ドル高の再燃が投資家心理の妨げに
0507_需給要因の奴隷となる
0502_春のIMF会合:中華料理の回転テーブル
0501_ドラゴンのエネルギー
CB
EM
GM
CB
EM
EM
CB
GM
EM
EM
CB
GM
IG
EM
CB
CB
EM
IG
EM
GM
4月

0427_グローバルなアプローチで債券のリターンを最適化
0427_良好な業績発表と原油価格の上昇
0426_原油高と米金利上昇
0426_がんばれアルゼンチン
0423_2018年4-6月期:市場見通しと投資テーマ
0423_ストーミー(嵐)時々晴れ
0419_貿易から地政学リスクへ
0418_地政学的リスクを払いのけた株式市場
0417_2018Q2 資産配分ナビゲーター
0417_ボラティリティの波を乗り切る
0416_ロシアン・ルーレット
0413_不安の壁をまだ上る
0410_貿易戦争への懸念とハイテク株の下落
0409_新たなボラティリティ環境下での投資
0406_株式市場とのデカップリング
0403_株式市場はハイテク株手動の調整から反発

IG
CB
EM
EM
AAC
IG
EM
CB
AAC
AAC
EM
EM
CB
IG
EM
CB
3月 0330_不安の壁
0329_貿易戦争懸念が市場の重石となる
0329_レバノン:困難を乗り越えられるか
0328_トランプの貿易政策:エマージング通貨への影響
0326_春の訪れを待つリスク資産
0323_ホワイト・ハウスでのドラマで慎重になる市場
0320_椅子取りゲームは続く
0319_毒杯にご注意を
0315_メキシコ:行き詰まりは投資チャンス
0314_グローバルに吹く風
0313_投資家の懸念が後退するなかで先週の市場は上昇
0312_トランプ大統領が通商のカードを切る
0308_貿易摩擦が最大のリスク要因に
0306_トランプ政権の関税案が株価の重石に
0306_テール・リスク上昇への市場の反応
0305_来る時はライオンのように、去る時は子羊のように
0301_市場は落ち着くも、確信は持てず
0301_エクアドル:変化の兆し
EM
CB
EM
EM
IG
CB
EM
IG
EM
EM
CB
IG
EM
CB
AAC
IG
EM
EM
2月 0228_経済指標は引き続き良好となった休み明け
0227_M&Aの波に注視
0226_米金利のリスク/リターンはやや対称的に
0223_米CPI上昇もエマージング市場は復調
0221_市場がFRBに追い付く
0220_投資家は安堵のため息
0219_指標は予想通り-市場には正常化の兆し
0216_2018Q1 資産配分ナビゲーター
0216_かなり魅力的な投資機会
0215_堅固なファンダメンタルズもボラティリティ上昇には勝てず
0213_ポピュリズムやナショナリズムが市場に与える影響
0213_株式市場の調整に対するダウンサイド・プロテクション
0208_ボラティリティ再来-インフレ上昇時に起こりうる展開
0208_米国の雇用統計とボラティリティの高まり
0208_フラジャイル・ファイブはフラジャイル・ワンに
0207_ナイジェリア:落とし穴がないことを願いたい見通し
0207_銀行資本性商品:2018年の見通し
0206_日銀にさらなる注目を
0205_史上最大の株式市場上昇
0205_金利上昇、でもいいムード-為替市場を注視
0205_ジャネット・イエレン-功績をたたえる
CB
LF
IG
EM
AAC
CB
IG
AAC
EM
EM
EM
CB
EM
CB
EM
EM
IG
IG
IG
EM
AAC
1月 0129_米ドル安を読み解く-高山病に注意
0125_通商政策に注目-市場は岐路に差し掛かる
0125_ベータという巡航の終わり
0122_ギリシャが主導する欧州周辺国の復活
0119_2018年1-3月期;市場見通しと投資テーマ
0118_満ち潮-ただし引き潮に注意
0118_エマージング現地通貨建て債への投資
0115_ブレーキなしの金利上昇が脅威に
0112_メルトアップ-取り残される不安による上昇
0109_パーティ・シーズンは当面の間続く
IG
EM
AAC
IG
AAC
EM
EM
IG
EM
IG

2017

IG:投資適格債 / EM:エマージング債 / CB:転換社債 /
LF:レバレッジド・ファイナンス / AAC:資産配分委員会
 
12月 1225_ゴルディロックスな1年の終わりに
1221_今年を締めくくるカーテンコール
1220_ESGを債券投資に取り入れる
1220_歴史を作るリーダーたち
1219_EMチームによる2018年のQ&A
1219_眠れるゴルディロックス
1218_FRBは利上げを実施したものの、金利動向は安定
1215_CB;オルタナティブのオルタナティブ
1214_2018年の見通し
1214_年内まだ多くのイベントが残る
1214_年末までに課題は多く残る
1211_ブレグジット交渉は今後も難航、米国では税制改革法案成立へ
1208_トルコ出張報告
1207_変動性が高まるも、エマージング資産への需要は継続
1206_トルコのおもてなし:「私たちが望む世界」
1205_リスク要因はすぐそこに-米税制改革案が上院を通過するかに注目
1205_LF市場;掘り下げて見てみる
1201_エマージング資産に対する下支えは続く
IG
EM
ESG
EM
EM
AAC
IG
CB
AAC
EM
EM
IG
EM
EM
EM
IG
LF
EM
11月 1130_エマージング資産に対する下支えは続く
1130_チリ、メキシコ、南アフリカ、中国に注目が集まる
1129_中東での衝突と変化
1128_Coco債;無視できない資産クラス
1127_クリスマスに備えたポートフォリオに
1124_ジンバブエが大きな注目を集める
1124_個別国の問題は来年まで持ち越しか
1122_悪い癖はなかなか治らない
1121_ボラティリティは底打ちかークレジット債のスプレッド拡大は一時的な調調整
1121_銀行劣後債市場のアップデート;イタリアの不良債権問題
1116_リスクイベントは続く
1116_中東、ベネズエラ、トルコ、南アフリカ
1113_ベネズエラのデフォルト危機及び中東の政治的混乱
1109_エマージング国で相次ぐイベント
1109_予想を上回る米国政策金利はリスク資産を混乱させることはない
1107_欧州債券の電源オン-市場に突然の打ち切りは予想されず
1106_フェイスブックとツイッターから離れられない
1102_ロシア;ブルかベアか
1101_緩和策「再調整」は欧州リスク資産の追い風に
EM
EM
EM
IG
IG
EM
EM
EM
IG
IG
EM
EM
IG
EM
AAC
IG
EM
EM
AAC
10月 1030_インフレが利回り上昇に蓋をする
1026_大詰めを迎えるNAFTA再交渉
1026_話題に事欠かないこの数週間
1025_党大会がもたらすのは変化ではなく継続
1023_注目の的は政治及び政策-キャリー・トレードか、リフレ・トレードか
1019_メキシコとトルコ-政治・地政学リスクが下押し圧力に-
1019_グローバル経済は足並みを揃えて加速
1016_2つのシナリオ-市場に行き詰まり感、ポジションはやや慎重に
1013_2017Q4 資産配分ナビゲーター
1012_米・トルコ関係の悪化-トルコ資産は慎重な見方に
1012_百聞は一見にしかず
1010_カタルーニャの問いかけ
1005_ポジティブなトレンドは継続-年末までの市場見通し
1002_サプライズの可能性-米税制改革案が明らかに
IG
IG
EM
EM
IG
EM
AAC
IG
AAC
EM
EM
IG
EM
IG
9月 0928_政治を理解する:市場の切り札
0925_米国リスクは上昇基調に-FRBが緩和策縮小を発表
0925_コベナンツ・ライト-騒ぎたてるべきものなのか
0921_底堅いエマージング市場-アフリカの調査報告
0919_嵐が去り、堅調な経済に光が当たる
0915_市場見通しと投資テーマ
0914_強いエマージング、弱い米ドル
0911_年末への備え-米インフレや財政政策に注目
0908_新学期始まる-短期的には慎重に
0907_夏の終わり-8月を振り返って
0901_静かな夏の終わり-ベネズエラだけは混乱
IG
IG
LF
EM
IG
AAC
AAC
IG
EM
IG
EM
8月 0828_ノイズが高まる
0824_年末に掛けての投資テーマ
0823_夏はまだ終わっていない
0817_キャリーの夏は続く
0817_Q&A:ベネズエラの危機
0817_ウクライナの現状
0814_金融劣後債の魅力を再考する
0814_北朝鮮リスク
0807_キャリーの夏が続く
0803_出張報告;イタリアに注目
0801_惑わされずに
IG
EM
IG
EM
EM
EM
IG
IG
IG
IG
AAC
7月 0731_通貨が鍵を握る
0731_キャリー・トレードの夏
0724_秋が近づく
0720_キャリー・オン
0720_2017Q3 資産配分ナビゲーター
0719_米国-クレジット・サイクル上それほど進んでおらず
0718_変動性に続く安定性
0713_今年の折り返し地点
0710_転換点を迎えたグローバル債券の利回り
0706_用心しつつも前へ進もう
0703_困難に直面する英国
IG
EM
IG
EM
AAC
AAC
IG
EM
IG
AAC
IG
6月 0629_再びやってきた地政学的リスク
0626_アルゼンチン100年債
0626_ポプラール・エスパニョル銀行から学んだこと
0626_王になりたい人
0619_FRB発言を読み解く
0619_英国の総選挙:労働党が台頭した理由
0613_トップダウンがボトムアップに勝つ状況
0612_予想外の選挙結果に英国は混乱
0612_夏のテーマ
0608_ポプラール・エスパニョル銀行破綻の教訓
0606_パリ協定:それでもショーは続く
0606_安定と混沌
0602_混乱に動じず
EM
EM
IG
IG
IG
IG
EM
IG
IG
IG
ESG
IG
EM
5月 0531_リスクを忘れずに
0529_キャリーの継続
0526_ブラジルの危機再び
0523_ワシントン同様に北京にも注目
0522_過度な興奮状態
0518_新しいタイプの金融資本債
0518_キャリーに着目した投資の継続
0518_枠組みの変化-2017年5月
0517_2017Q2 資産配分ナビゲーター
0515_晴天の下で
0512_低ボラティリティ環境下でのエマージング資産
0510_エマージング社債の流動性:安眠の秘訣
0509_シナジー効果;エマージング外貨建て債投資への総合的アプローチ
0508_グローバルなマクロ経済政策の差がリスクと投資機会を生む
0508_黄金期をどう見るか
0501_減税が最優先課題
IG
IG
EM
AAC
IG
IG
EM
AAC
AAC
IG
EM
EM
EM
AAC
IG
IG
4月 0427_雲一つない晴天はまだ見えず
0427_ロシアより愛をこめて
0424_混戦のフランス大統領選挙
0417_地政学ノイズ
0414_エマージング市場社債の主なテーマ
0412_量的引き締め時代への備え
0410_注目は経済指標
0405_戻ってきたリフレーション
0404_万馬券
EM
EM
IG
IG
EM
AAC
IG
AAC
IG
3月 0330_トランプ上昇相場はトランプ下落相場に様変わり?
0327_トランプ、原油、ダイエット・ウォーター
0322_中国危機が訪れるかどうかは、習近平国家主席にかかっている
0322_メキシコ-ルチャ・リブレではない冷静な交渉
0321_進路維持
0321_アンコンストレインド型EMの運用アプローチ
0317_リスク・オフになったら安値で買う
0316_LFとESG投資は仲の良いカップル
0314_クレジット債にとって転換点となる水準に近づく米国の原油価格
0313_不可能という言葉に意味はない
0308_トランプ相場の米国市場;ファンダメンタルズ面はその他の市場を左右
0306_3月利上げの可能性
0303_トランプ氏がESG投資に与える影響
0302_安心できる状況ではない
0302_銀行の資本性証券-芯を捕える
0302_不安の壁
IG
IG
EM
EM
IG
EM
EM
ESG/LF
AAC
IG
AAC
IG
ESG
EM
IG
IG
2月 0227_フレグジットとFRB
0224_政治イベントがエマージング市場を引き続き左右
0223_枠組みの変化-2017年2月
0221_政治リスクの高まりに対して、低下する市場のボラティリティ
0221_ゴルディロックス
0216_リスク・オンとなったエマージング市場
0216_エマージング現地通貨建て社債:Q&A
0214_エリゼ宮までの戦い
0210_現実的な政治姿勢(realpolitik)の復活
0209_2017Q1 資産配分ナビゲーター
0206_目算違い
0202_市場の方向は未だ不透明
0202_フランスの選挙戦が過熱
0202_変化が起きている
IG
EM
AAC
AAC
EM
EM
EM
IG
EM
AAC
IG
EM
IG
LF
1月 0130_重要な点に触れないニュース
0126_バック・トゥ・マーケット
0123_投資家はFRBによるマイナス・サプライズのリスクを抱えている
0123_選りすぐり
0120_エマージング市場はまだ様子見
0116_ダモクレスの剣、ドラゴン、そして米ドル
0116_米国での進展と個別イベントがエマージング市場を左右
0116_ワシントンDCに行ってきます
0110_グローバルな経済成長の加速に追いついていない債券市場
0110_まだ未消化
IG
EM
AAC
IG
EM
IG
EM
IG
AAC
IG

2016

IG:投資適格債 / EM:エマージング債 / CB:転換社債 /
LF:レバレッジド・ファイナンス / AAC:資産配分委員会 
 
12月 1226_2017年の大胆予想
1219_タカ派のサプライズ
1219_体制の変化-2017年の見通し
1219_ESGを考慮したアクティブ運用
1216_FOMCを受けて
1212_1999年を彷彿とさせるパーティー相場
1212_政策のシフト-量的緩和のピーク
1207_トランプ政権下におけるエマージング市場
1206_イタリア国民投票の結果を受けて
1205_アドベント・カレンダーのような投資環境
IG
IG
AAC
ESG
IG
IG
AAC
EM
IG
IG
11月 1128 マクロを再び偉大にしよう; Make macro great again
1121 強気市場の終焉か
1114 不透明で予想が出来ない世界に突入
1110 米大統領選挙-見事な勝利で頂点を極める
1110 米大統領選挙の結果を受けて
1108 クリントンかトランプか、問題はそれだけに留まらず
1107 米大統領選に左右される市場心理
1102 「あらゆる手段を取る」がやりすぎに
1101 インフレが頭をもたげる
IG
IG
IG
IG
AAC
AAC
IG
AAC
IG
10月

1031 CB:成長への投資
1031 リフレーションにより国債の金利は上昇
1025  舞台の主役はエマージング市場
1020_2016Q4 資産配分ナビゲーター
1018_英国と中国に注目が集まる
1017_徹底したリサーチは投資の決定に重要な役割を果たす
1011_LF市場について Q&A
1011_英ポンドの急落
1011_3月15日を警戒せよ
1011_英ポンドの下落
1007_グローバルな経済成長が金利上昇につながる可能性
1004_金融市場への期待
1003_アルゼンチンT-bill債への投資事例

CB
AAC
IG
AAC
IG
EM
LF
AAC
AAC
IG
AAC
IG
EM
9月 0927_現状への回帰
0926_中央銀行の会合後、市場は反発
0921_イングランド銀行の新政策は時間が評価
0921_不均衡-部屋の中の象
0920_FRB利上げの可能性はまだ残る
0912_政策の方向性
0905_引き続き市場の行方を握るのは政策と政治
IG
AAC
AAC
AAC
IG
IG
IG
8月 0831_唯一の選択肢
0822_求められるのは冷静な判断力
0816_需給面主導による英国債金利の低下
0815_投資家はさらなる金融緩和の波にのまれる
0808_The Old Lady
0803_低リターン環境をどう乗り切るか
0802_金融政策による上昇は終わりに近づいているのか
0801_8月のたたり
IG
IG
IG
IG
AAC
EM
IG
AAC
7月 0727_政策当局を信じている市場
0726_2016Q3 資産配分ナビゲーター
0722_EM券市場、運命の逆転か
0719 ヘリコプターマネーへの期待が市場を旋回
0712_量的緩和の雲に覆われる
0708_AACサマリー
0705_英国の経済後退が欧州に与える影響
0704_英国のEU離脱より問題な中国
0704_英国の内輪もめ
IG
AAC
EM
IG
IG
AAC
AAC
AAC
IG
6月 0627_英国のEU離脱の投票結果を受けて
0624 ブレグジットを問う国民投票の結果を受けて
0621_適切なESG債券戦略の構築
0620_英国のEU離脱リスクに対するクレジット市場の感応度
0620_英国のEU離脱の国民投票に向けて
0614_主要国債金利の低下
0610_ESGと債券投資
0609_流動性、キャパシティ、トレーディング
0606_政策当局者に期待
AAC
IG
ESG
AAC
IG
IG
ESG
AAC
IG
5月 0530_金融市場がFRBを動かす
0530_弱気になる必要性
0523_FRBは利上げをするのか、しないのか
0517_気づかぬ間に英ポンド安に向かっているのか
0516_2016Q2 資産配分ナビゲーター
0516_ちょうど良い状態はもう終わりなのか
0511_4月の雨が5月に花を咲かせる
0509_中国に残されたわずかな時間
0506_エネルギー関連LFの見通し
AAC
IG
IG
IG
AAC
IG
IG
AAC
LF
4月 0425_我々の孫はラクダに乗るのだろうか
0418_産油国会合の行方
0418_ギリシャ危機のデジャヴ
0411_市場は安心感のある材料に乏しい
IG
IG
AAC
IG
3月 0322_市場の後追いは損失を招く可能性
0321_市場サイクルへの順応性
0315_中央銀行の意思決定に対する市場の反応
0308_市場は様子見ムード
0307_国債市場の因果性
IG
AAC
IG
IG
AAC
2月 0229_英国のEU離脱懸念
0222_リスク資産の反発は一時的
0215_グローバル経済に対する懸念と市場変動性の高まり
0208_2016Q1_資産配分ナビゲーター
0208_2016年エマージング社債の見通し
0208_市場は方向性を欠く展開
0208_未来の予測は難しい
AAC
IG
IG
AAC
EM
IG
AAC
1月 0125_試されるFRB
0118_警戒すべきは警戒感の高まり
0118_不合理な市場変動
0112_中国の債務問題
AAC
AAC
IG
AAC

2015

IG:投資適格債 / EM:エマージング債 / CB:転換社債 /
LF:レバレッジド・ファイナンス / AAC:資産配分委員会 
 
12月 1218_2016年の見通し
1214_原油価格はエマージングブーム前の水準に
1207_タカ派な利下げとハト派な利上げ
AAC
AAC
AAC
11月 1130_欧州で最も成長著しい資産クラス
1116_利上げを警戒しすぎることはない
1102_金融政策の枝分かれ
AAC
AAC
AAC
10月 1030_2015Q4 資産配分ナビゲーター
1026_中国_短期的には安定の兆しも、調整に向けた困難な状況は続く
1019_米利上げ先送りによって現実味を帯びるECBの量的緩和拡大
1012_悲観的見方のピーク_IMFによる経済成長見通し引き下げ
1005_不透明感の高まりがリスクプレミアムの上昇を招く
AAC
AAC
AAC
AAC
AAC
9月 0928_FRBにさらなる困難がのしかかる可能性-米国予算案
0921_FOMCのキーワード
0918_利上げ見送り
0914_まだ見えぬ利上げの道筋
0907_量的引き締めに対する過度な懸念
AAC
AAC
AAC
AAC
AAC
8月 0831_夏休みの休まらない一週間
0824_NYダウ調整局面
0817_中国の小さくて大きな前進
0810_プエルトリコの債務危機
0803_原油相場が示唆するもの
AAC
AAC
AAC
AAC
AAC
7月 0730_2015Q3 資産配分ナビゲーター
0720_イラン核合意と原油相場への影響
0713_中国株式市場の下落が意味すること
0706_米国の独立記念日
AAC
AAC
AAC
AAC
6月 0629_ボラティリティの乖離
0622_ギリシャ-6月末までに起こり得ること
0615_米景気拡大期と政策金利
0608_安全資産とリスク資産
0601_ギリシャ危機の現状と見通し
AAC
AAC
AAC
AAC
AAC
5月 0525_米経済がリセッション入りする可能性
0518_主要国債金利上昇を紐解く
0502_日本国債とドイツ国債
0501_2015Q2 資産配分ナビゲーター
0501_2015年第2四半期 見通しとレビュー
AAC
AAC
AAC
AAC
AAC
4月    
3月    
2月 0204_2015Q1 資産配分ナビゲーター
0202_2015年エマージング社債見通し
AAC
EM
1月    

ページの先頭へ戻る

Bluebay.com

続きを読む

ブルーベイの戦略については、ブルーベイ・アセット・マネジメント・エルエルピーのウェブサイトで詳しくご紹介しています。≫ BlueBay.comはこちらから